晴れのち晴れ~photolog~

タグ:EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM ( 32 ) タグの人気記事

独標からの景色

独標(独立標高点)を眺める。
c0124029_21413327.jpg


独標に辿り着くと、上高地・河童橋から望む穂高連峰が左側からダイナミックに望める。
写真真ん中に見えるのがGWに登った前穂高岳。
こうしてみるとこの標高差をよく登ったなぁとしみじみ・・・。
c0124029_21414499.jpg


独標から進む先にはこれから歩く大小のピークをこえて、写真でみる3つ目が西穂高岳だ!
c0124029_21415370.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)
[PR]
by sachi-camera | 2008-09-28 21:49 | 山旅

山荘を眺めて

西穂山荘。

新穂高ロープウェーより1時間程歩くとこの場所に辿り着く。

奥に見えるのは今も活動し続ける活火山・焼岳。
c0124029_14451050.jpg


そう、西穂山荘は今年の3/31~4/1に訪れた場所。
あの時は吹雪にやられて、この写真のように山荘より少し上に上がることも不可能でした・・・。

西穂高岳リベンジ!!の下見とでもいいましょうか。
この夏シーズンにどんなところなのかいってみたくなったわけで。

前回訪れた時は山荘も雪に覆われており、小さく見えたのですが・・・
今回は全貌が明らかなわけで、とても大きく見えて、こんな建物だったんだぁ!とびっくりしました。

でもあの時、いけなくてよかったかもです。。。
脇はすっぱりと切れ落ちており、雪があったらどうなっていたことだろうと・・・。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
↑週末ブロガーになりつつありますが、励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)
[PR]
by sachi-camera | 2008-09-21 15:04 | 山旅

最古の・・・

やっと立山の写真、今日で終わります^^;

どんどこといろいろ撮っているのですがなかなか載せれませんねm(__)m

梅雨の最中、この雪山写真でじめじめとした空気を吹っ飛ばせ♪(都合よすぎです。)


日本最古の山小屋、「立山室堂山荘」です。
日本の三大山岳信仰のひとつ、立山講を支えてきた山小屋で、国の重要文化財に指定されています。
雪で埋まってしまってますね・・・。
c0124029_2254321.jpg


そして観光客が楽しみにして訪れる場所、「雪の大谷」を登山スタイルのまま散策しました^^
c0124029_22564661.jpg


この日は最高16mもありました!
sachi-cameraを縦に並べると10人と半分・・・。圧巻でした!
c0124029_230524.jpg


記念にこういうのも撮りたくなります♪
c0124029_2315367.jpg


雪の大谷を降りきったところにでると、これまた目の前には素晴らしい展望が!
いつか!いつか!!どんなルートでもいいので登ってみたい「剱岳」(2,998m)。
恐竜の背のように波を打った稜線に惹かれながらしばしこの剱岳を眺めていました。
c0124029_2375639.jpg


そして高原バスとケーブルカーを乗り継いで無事下山いたしました。
下山したのはいいものの、頭痛が・・・!!
ケーブルカーを待っている間もあれっ?と思ったら久し振りに鼻血が・・・。

自らの足でゆっくりと高度を上げていく場合はさほど頭痛は起きないのですが、
やっぱり乗り物を使っての登山となると一気に高度が上がるのでちょっと私にはきついようです。高山病。

頭痛ががんがんしながら、途中、街の薬局で鎮痛剤を購入。
そしてまた立山から名古屋まで車を走らせたのでした~。

皆さんもひょっとしてひょっとすると富士山とかに登られることがあるかもしれないという方!
車を停めておく5合目でしっかりと高度順応してくださいね^^

にほんブログ村 写真ブログへ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)
[PR]
by sachi-camera | 2008-06-22 23:19 | 山旅

touch!

神社脇から北へと続く立山三山を眺める。

「あ~!あの先までいきた~い!」と思うけど、日帰りだったので断念しました。
c0124029_2271637.jpg


雄山の三角点に!
c0124029_2291350.jpg


おなかもすいたので社務所脇でコーヒーを沸かして、持ってきたパンをかじる。
こういう落ち着いたひと時って、心の中に爽やかな風がサーっと吹き、とっても気持ちが良い。
c0124029_22334341.jpg


おなかも満たされて、もう少し写真タイム。
立山から東方向に見える北アルプスの峰々を眺めていると、なぜだか心がスーッと落ち着いていく。
鹿島槍や槍ヶ岳、展望は抜群でした!
c0124029_22193921.jpg


休憩中にふと目に付いた自らのピッケル。
今シーズンの出番はもうおしまいかな♪オフシーズンは護身用に。(冗談です^^;)
来シーズンの出番が今から待ち遠しく感じます。
c0124029_22225091.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)
[PR]
by sachi-camera | 2008-06-16 22:34 | 山旅

雄山神社

のんびりしすぎていたら6月初のUPになってしまいました・・・。

一ノ越山荘のかたわらで少し休憩。

ここからアイゼンをはめてピッケルを手に持つ。
この日、思った以上に風が強く、休憩中も吹き飛ばされそうになったぐらいでした。

この稜線をとことこと登っていった。
c0124029_23261996.jpg


c0124029_23275131.jpg


1時間程上りきると雄山神社の鳥居が見えた。
もうすぐ。鳥居が雪に埋もれていた。
c0124029_23312851.jpg


そして立山主峰の雄山山頂(3,003m)。
山頂には雄山神社本宮が建っている。
風は強かったけれども雲ひとつないよい天気だった。
c0124029_2337084.jpg


GW第2弾・山旅写真、あと1、2回で終わらせます・・・。
いい加減自分でも雪山写真ばかりじゃつまらんなぁと。

週末は久し振りにお花を撮りにいってこようかなぁと思います♪

余談ですが、ちょっと生活styleが変わったため、思うようにブログに手をつけることができておりません・・・。
みなさんのところになかなかお邪魔できなくて申し訳ありません・・・m(__)m

にほんブログ村 写真ブログへ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)
[PR]
by sachi-camera | 2008-06-12 23:48 | 山旅

Approach

河童橋から望む。
稜線上が輝かしい朝陽に照らされていた。
c0124029_20144535.jpg


これから写真中央に見える岳沢を登り、目指すは前穂高岳!

一時間強歩いていくと、今まで遠くからしかみたことのなかった穂高連峰が目前に。
もう私はこの景色を見ているだけで胸いっぱいになりました。
c0124029_20181188.jpg


後ろを振り返ると、眼下には上高地。
なんて贅沢な景色なんだろう。
左手に見えるのは六百山と霞沢岳。そして右奥に見えるのは乗鞍岳。
c0124029_2025413.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)
[PR]
by sachi-camera | 2008-05-02 20:31 | 山旅

私の好きな提灯

以前にも紹介したことのある「日本秘湯を守る会」。

この提灯を見るだけで癒されるんですよね~^^
c0124029_23373426.jpg

ちなみにこれは岐阜県奥飛騨温泉郷、福地温泉の湯元長座で撮った提灯。
この宿や思い出話などを話し出すと長くなりそうなので、また今度♪

ところでなんか最近疲れると思ったら、この1年間ぐらい秘湯に入ってなかった!
私としたことが「これは大変!」と思い、この土日で長野山奥の、とある秘湯で湯治してきます~。カメラも忘れずに♪
ボードの板も登山用具も今回はなしです☆-(^ー'*)

露天に浸かった時「あ゛~、ぷは~っ!」って思わずいってしまいそうです^^;

にほんブログ村 写真ブログへ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)

お返事遅れてしまいますが、帰宅後必ず返信させてただきますm(__)m
[PR]
by sachi-camera | 2008-03-07 23:57 |

美濃和紙あかりアート展-うだつの上がる町並み-

ちょっとUPするのが遅れてしまいましたが、10/6『美濃和紙あかりアート展』に訪れました。

勿論あかりアートのメインは夜なのですが、折角だから昼から訪れてみよう!&この町に住んでいる
いとこの家(生まれたばかりの赤ちゃん、抱き抱きさせてもらいました^^)訪問も兼ねて!
とういうことになり昼の風景を撮ってみました。

まだ観光客もまばらでした。天気もよかったことから、私は「暑い~、暑い~~!」の連発でした^^;

皆様、ご存知かと思いますが、、、

「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、この美濃市には
日本で最も多くこの「うだつ」が残っています。
裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」
の言葉ができたのです。

美濃市に興味の沸いた方はこちらのHPへ!

青空のもとにこのうだつのあがる町並み!
c0124029_22565990.jpg


白壁の部分が防火壁なんですね~。
c0124029_22583123.jpg


真正面から!鬼瓦も素敵ですね!
c0124029_22584374.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)
[PR]
by sachi-camera | 2007-10-23 23:10 | EVENT

リベンジ錦秋の涸沢 part4

長々と涸沢紅葉をお届けしてきましたが、今回でラストになってしまいました。

続いてご覧頂きました皆様に感謝申し上げますm(__)m

そして登山も今年はおしまい♪私の好きな北アルプスの山はもう雪ですからね。
来年の登山に向けて体力づくりがんばるぞ!

涸沢小屋の方のblogで雪景色がみれますよ♪

朝の紅葉を満喫した後、ゆっくりと下山準備。そして7:30頃下山開始。
かなり名残おしかったです。
前日の天気予報によると朝9:00から雨予報でしたが、曇ってはいたものの雨の降る様子はありませんでした。
c0124029_2251812.jpg


この方もきっと名残惜しげに写真をとっているのかな^^
c0124029_22512758.jpg


吊尾根をナナカマドの紅葉と共にアップ!
c0124029_22513861.jpg


何度も何度も振り返り、涸沢に別れを告げました。
何度も何度も振り返っていると、頭がくらくらして転びそうになりました。。。
c0124029_22515430.jpg


下山するとともに天気も良くなり、明神岳ではまたまたこの青空!
c0124029_2257889.jpg


そしてちょっと平坦な道では小走り気味で体を鍛える為に岐路を急いでみました♪
というか、同行者(男性)についていくのに必死でした^^;
なので帰りの景色はほとんど見る余裕がなかったです^^;
c0124029_22585954.jpg


そして13:30頃だったかな。上高地に到着~。
河童橋前のレストランでカツカレーをおいしくいただきました♪
毎度お馴染みの景色です♪
先程まではあの山の裏側にいたのになぁ。。
c0124029_236942.jpg


☆★☆来シーズンの山旅に乞うご期待!☆★☆

にほんブログ村 写真ブログへ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)

次回は『美濃和紙あかりアート展』に訪れた時の写真をUPしたいと思っています。
お暇つぶしに宜しければご覧くださいね!
[PR]
by sachi-camera | 2007-10-22 23:29 | 山旅

リベンジ錦秋の涸沢 part3

涸沢カールに到着です!

今回の山小屋はこの涸沢小屋。
ここの名物はソフトクリームなのですが、・・・絶品でした!とっても濃厚!
c0124029_23301993.jpg


上高地を6時出発で、涸沢到着13時。前回より2時間も短縮することができました!
とりあえず小屋で受付を済ませ、荷物を置き、さあ外に繰り出してまた絶景を!
と思いきや、さっきまでの青空が・・・。
この場所であの青空とともに撮りたかったのに~。。。かなり悔やまれます。
c0124029_23325075.jpg


外にいるとかなり寒いし、早々と小屋に戻りふてくされるように布団にもぐりこんで夕食の時間を待ちました。
そして夕食を終え、また布団に戻ると、一緒の部屋だった方たちがとてもおもしろくて私たちも笑ってばかり!
当分寝れそうもありませんでした。
山旅での出会いってとても素敵です!
c0124029_23331458.jpg


そして消灯後もあまり眠れないまま、朝を迎えました。
金曜日の就業後、帰宅して準備をしてすぐにでたので、2日間ほどまともな睡眠は取れず・・・。

小屋のテラスからカールを一望!
丁度尾根になっている部分(雪渓が残っているところの上あたり)が皆さんも良くご存知の上高地、河童橋からみる
吊尾根の部分ですよ。ここはその丁度裏側にあたります。
c0124029_23332693.jpg


テラスからテント場を臨む。
前回よりもっとテントの数が多いかなと思っていたのですが、あまり変わりはありませんでした。
c0124029_23341172.jpg


これも私のお気に入り♪
写真をとっている姿がとても格好よかったです!
c0124029_23342288.jpg


にほんブログ村 写真ブログへ
↑励みになります!宜しければクリックして応援お願いします(´∀`)
[PR]
by sachi-camera | 2007-10-21 23:55 | 山旅